Living Dead Life

残りわずかな大学生活を淡々と送る大学4年生の雑記です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Next 

家のテレビが映らないため、部室のテレビでGジェネウォーズをやるため、部室にいった。
すると、3年生が頑張ってESを書いていた。

早くね?w

と思ったが、よく考えると10月1日から解禁されているわけだ。
早いというより、俺が遅かったといえる。

どうやら来月に面接対策セミナーがあるらしくて、それに向けたESを書いていた。

うちの大学は、雑誌の就職力ランキングで上位に食い込んでおり、就職部が相当力を入れているといえる。
(実際に就職率に関しても、学生の数が少ないせいか、かなり上位だと思われる。)

面接対策セミナーも、希望すればしっかりと2,3日缶詰状態で面接のノウハウを叩き込んでくれるらしく、他の大学よりも充実しているのではないだろうか?

・・・まぁ、俺は行かなかったけどね(;^ω^)



とりあえず、話を戻すが後輩が必死にESを書いている姿を目の当たりにすると、自分がいかに民間の就職活動とかけ離れたことをしていたかが思い起こされる。
この時期は、専ら予備校に通ったり図書館でレジュメを見直したりしており、全く面接やESは眼中に無かった。

初めてESや履歴書に取り掛かったのが、他の人が就職活動が終わっている6月ごろだったのだから、いかに違うかがわかる。

ただ、立場は違えどアドバイスできることならしてあげたいな、と思った。

実際に就職活動というものに触れてみて、これが1番大切だ、と思ったことがある。
それは・・・・他人の協力である。

俺は元々、自分から行動することが出来ないし、他人任せだったり流れに身を任せきたが、就職活動では自分を殺して、"パクる"とまではいかないが、他人の助言に積極的に耳を傾けた。
勉強法、教科選択、ESの書き方、面接に対する姿勢・・・・・・・・全て周りにいる人の意見を取り入れ、それを集約して本番に臨んだ。

結果的に上手く行ったのは、自分の力では無く、他の人の協力以外の何物でもない。

なので、後輩の方々が望むのなら、俺を利用して欲しいな、と思った次第です(笑)

こういう言い方はアレだけれど、自分で全てやろうとするタイプや、他人の意見を聞いているようで結局取り入れないタイプの人はどうしても良い結果が残せていないような気がしてならないわけで(;・∀・)

人を良い意味で利用する・・・これが最善の方法だと俺は考えておりますーー。


人気ブログランキングへ


○独り言○

一昨日も謝ったわけですが、それでもやっぱり反省しなきゃ・・・。



スポンサーサイト
[ 2009/11/15 14:54 ] 就活・勉強関係 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブログ詳細
ブログ内検索
☆アンケート☆
簡単なアンケートです。 是非答えてみてください!
※「その他」の項目があり、それを選択した場合などはコメントもお願いいたします。
最新コメント
  • 03/30:Clayman

  • 03/30:Clayman

  • 03/29:Mine

  • 03/29:yuko

  • 03/21:Clayman

  • 03/20:神田のOB

  • 03/07:Clayman



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。