Living Dead Life

残りわずかな大学生活を淡々と送る大学4年生の雑記です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

財源はどこから? 

「太田光の?」(タイトル長くて忘れたw)という番組で、えなり君が掲げたマニフェストがこちら。

お年寄りの医療保険料と介護保険料は0円にします

なるほどなるほど、確かに理想的な政策ではある。
高齢者に優しい政策である事には変わりない。

しかしながら、俺はとても賛同する気にはなれなかったのだ。

今後、「高齢者」と呼ばれる人々は増加する、これは間違いない。
そこで医療保険料、介護保険料をタダにしてしまったら・・・((((;゚Д゚))))アワワワ

まぁ以前起きた事だが、医療施設のサロン化がおきたり、病院をはしごする人が出てくる事で、本当に治療を受けたい人が受けられない・・・という事態が発生する。
更に、国が負担するのなら、財源はどこなのか?負担する分が増えるのなら一体どこからその金を引き出すのか?

こう考えると、賛成できませんよね。良い考えだとは思うんだけれどね。


ここからが本題。
後期高齢者医療制度について考えた事。
これは、75歳以上からいきなり後期高齢者という扱いを受け、更に保険料が年金から天引きされるという踏んだり蹴ったりな制度なわけだ。

長寿医療制度などという名前をつけたところで、何か変わるとは到底思えんがwww

長寿という名前をつけているのに「75歳以上は入院とかしやすいから、保険料はらってもらうよー!」と言われるのですよw
ネーミングセンスもどうなんでしょう・・・。

ただ、この制度は遅かったとも思える。
どうしても、社会保障費が大きすぎる今、こういう制度を設けないと国債はとんでもないことになるんだろう。(というか、もはやなっているがww)
政府が、ギリギリのラインは今だと考えているのだとしたら、遅すぎやしないかい?

これが率直な感想。

あとは・・・やはり今後、増加する社会保障費を何処から捻出するのか?
これは、無駄な税金を回す(例えば今話題の道路特定財源だとかw)という方法よりも、単純に国民に払ってもらう税金を増やすしか無いと俺は考えています。

消費税の税率アップとかね。

勿論、猛反対は起きるだろうけれど、仕方が無いんじゃないだろうか。
国債も貯まる一方だし、そのままにしておくわけにもいかないでしょう。


これが俺の最近考えた事ですw


意見お待ちしてます。
賛同、反対どちらでも♪
スポンサーサイト
[ 2008/04/26 22:29 ] 就活・勉強関係 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブログ詳細
ブログ内検索
☆アンケート☆
簡単なアンケートです。 是非答えてみてください!
※「その他」の項目があり、それを選択した場合などはコメントもお願いいたします。
最新コメント
  • 03/30:Clayman

  • 03/30:Clayman

  • 03/29:Mine

  • 03/29:yuko

  • 03/21:Clayman

  • 03/20:神田のOB

  • 03/07:Clayman



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。