Living Dead Life

残りわずかな大学生活を淡々と送る大学4年生の雑記です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Stigmata 

Stigmata 【Arch Enemy】

Stigmata

Arch Enemyの2ndアルバム。
前作Black Earthはデビューアルバムだったという事もあり、荒々しさが際立っていたが、今作では少し滑らかになったという印象。

とは言っても、いきなりキラーチューン。
1.Beast of Manはイントロから轟音が鳴り響き、禍々しいという言葉がぴったりのおぞましい曲。
そして、リフが・・・・・マジで泣ける。せつなすぎる。
そしてヨハン・リーヴァのデスヴォイスと呼んでいいのかわからない声も哀愁が漂っており、ギターソロも、これぞアークエネミーという独特さがある。

3.Sinister Mephistoや4.Dark of The Sunも、素晴らしい出来だと思う。
サビ直前のギターも清清しいし、後者のギターソロのブレイク時には高揚感を抱きました(笑)

そして5.Let The Killing Beginもキラーチューン認定です。
理由は、終盤のギターソロの合間に聴こえる不思議な音。
例えるなら、無の境地に入るような感じでしょうか・・・・。
聴く度にこの不思議な感覚を味わえるので、おススメですね(笑)


大体曲のレビューはこのくらい。
最初から最後まで高いクオリティを保ち続け、更にどの曲にも、いわゆる彼らの代名詞である「泣きのギター」があるのは嬉しい限り。
前作が全体的に破壊的だったのに比べ、激しい中にも虚しさが随所に潜んでいる・・・。

まぁ、この路線の延長に、3rdアルバム「Burning Bridges」があるわけですね。
いやはや、恐ろしい(笑)


評価:86点
スポンサーサイト
[ 2009/02/25 00:07 ] 音楽レビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブログ詳細
ブログ内検索
☆アンケート☆
簡単なアンケートです。 是非答えてみてください!
※「その他」の項目があり、それを選択した場合などはコメントもお願いいたします。
最新コメント
  • 03/30:Clayman

  • 03/30:Clayman

  • 03/29:Mine

  • 03/29:yuko

  • 03/21:Clayman

  • 03/20:神田のOB

  • 03/07:Clayman



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。